本文へ移動

会社沿革

会社沿革

■1980(昭和55年)11月
釜石市只越町にて 青木正紀が 青紀土木を創立
■1987(昭和62年)11月

有限会社青紀土木設立 資本金 800万円
青木正紀 代表取締役に就任
■1989(平成元年)10月
本社事務所を釜石市両石町に移転
■1997(平成 9年)12月
商号を株式会社青紀土木に変更 資本金を2,000万円に増資
■2003(平成15年) 8月
本社事務所を釜石市平田に移転
■2006(平成18年)10月
傾斜式カッター工業会に入会

ユニオン建設株式会社より受注開始

三陸鉄道株式会社より受注開始
■2006(平成18年)12月

傾斜式カッター『KEISYA26』を導入
※東日本大震災津波により流失、継続を断念
■2007(平成19年) 4月
北上出張所を北上市孫屋敷に開設
■2007(平成19年) 9月
北上出張所を北上市下江釣子に移転
■2009(平成21年)10月
青葉緑化工業株式会社より受注開始
■2010(平成22年) 2月
東日本旅客鉄道株式会社 近接工事(東北 土木・管) 許可取得
■2010(平成22年) 3月
北上出張所を北上市上野町に移転、北上営業所に改める
■2010(平成22年) 9月
東日本旅客鉄道株式会社 本社設備部長より感謝状(盛岡支社管内1社)
2011(平成23年) 3月11日
東日本大震災津波により施工中の現場 、本社・重機・ダンプが被災
■2011(平成23年) 3月
日本製鉄構内 太平工業株式会社 青紀土木詰所を臨時本社とする
■2011(平成23年) 5月
有限会社 山佐運送敷地内に仮本社を設営する
■2011(平成23年) 7月

平成23年度 建設トップランナーフォーラム「東日本大震災現場からの証言」にて弊社社長 青木正紀が「岩手からの現状と課題」を発表
■2011(平成23年)11月

平成23年度 JR東日本盛岡支社安全講演会 弊社社長 青木正紀が
「東日本大震災」を発表
■2012(平成24年) 2月
被災した場所に本社復旧

日本製鉄株式会社より「石炭備蓄に対する」特別社長賞受賞
■2013(平成25年) 4月
(仮称)鵜住居2号線道路新設工事 安全祈願祭を執り行う
■2013(平成25年)12月

釜石市北ブロック復興整備事業設計施工等業務 安全祈願祭を執り行う(戸田建設株式会社・株式会社青紀土木JV)
■2014(平成26年) 6月

釜石市・根浜・室浜・桑ノ浜地区復興整備事業用地造成工事
安全祈願祭を執り行う(戸田建設株式会社・株式会社青紀土木JV)
■2014(平成26年) 7月
弊社社長 青木正紀 国土交通大臣表彰受賞
■2014(平成26年) 8月
弊社専務 青木健一 第3回東北みらい賞 個人賞受賞
■2015(平成27年) 6月
北上営業所 北上市村崎野へ移転
■2015(平成27年) 9月
平田漁港海岸災害復旧事業 着手
■2015(平成27年)12月
平田地区土地区画整理事業に伴い釜石市鵜住居町に本社移転   (仮事務所建設)
■2016(平成28年) 4月
震災により被災した旧JR山田線 (三陸鉄道リアス線)復旧工事開始
■2016(平成28年) 8月

台風10号による災害発生(緊急・応急対応)
本社事務所、床上浸水
■2018(平成30年) 6月
弊社専務 青木健一 岩手県建設業協会 青年部連絡協議会 会長就任
優秀建設施工者 岩手県知事顕彰 倉澤久美
■2019(平成31年) 3月
代表取締役社長 青木健一 就任 取締役会長 青木正紀 就任
■2019(令和元年) 7月

釜石市長より感謝状(釜石コンパス・被災漁村コミュニティー再生 プロジェクトへ寄付200万円に対して)
■2019(令和元年)10月
優秀施工者 国土交通大臣顕彰 倉澤久美

台風19号による災害発生(緊急・応急対応)
本社事務所、床上浸水
■2020(令和 2年) 4月
いわて女性活躍認定企業等(ステップ1)認定
■2020(令和 2年)12月

ヘラルボニー×アオキドボク 
バックホウアートラッピングプロジェクト

いわて女性活躍認定企業等(ステップ2)認定

株式会社 青紀土木
本社:
岩手県釜石市鵜住居町6-20-1
TEL.0193-55-5551
FAX.0193-55-5552

北上営業所:
岩手県北上市村崎野24-20-9
TEL.0197-62-4127
FAX.0197-62-4127
----------------------------------
岩手県知事許可(特-30)第7189号

・土木一式工事業
・とび・土工工事業
・石工事業
・舗装工事業
・しゅんせつ工事業
・水道施設工事業

岩手県知事許可(特-1)第7189号
・解体工事業

岩手県知事許可(般-30)第7189号

・建築工事業

・管工事業

・造園工事業


・鉄道施設工事
・各種民間工事

---------------------------------

4
1
4
0
5
7
TOPへ戻る