qrcode.png
http://aoki-doboku.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社 青紀土木
本社:
岩手県釜石市鵜住居町6-20-1
TEL.0193-55-5551
FAX.0193-55-5552

北上営業所:
岩手県北上市村崎野24-20-9
TEL.0197-62-4127
FAX.0197-62-4127
----------------------------------
・土木業
・とび、土木工事業
・石工事業
・舗装工事業
・しゅんせつ工事業
・水道施設工事業
・鉄道施設工事
・各種民間工事
岩手県知事許可(特-25)第7189号
---------------------------------

395152
 

スタッフブログ

 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
とらがしら作り
2016-09-14
明日へのかけはし女性の会の皆さんが、国体で岩手を訪れた選手に釜石をイメージするもの「とらがしら」を手芸のクラフトで作って記念にプレゼントしようという取り組みがありました。社長の奥さんに作り方を教わり、私達も実際に作ってみました。
最初は慣れない作業で難しく、仕事の合間をぬって作るので少し時間がかかりましたが、なんとか完成することが出来ました。スタートは皆一緒のはずなのに、編む力加減の違いやパーツの貼り方により多種多様な「とらがしら」が出来ました。それぞれ個性が出ていて並べてみると、とてもかわいらしいです。
選手の皆さんに釜石を知ってもらい、競技の方も頑張って頂きたいと思います。
 
 
マネジング地域貢献
2016-07-22
この日は、青葉通り公園にある花壇に花の植栽をしました。今回は人数も32名と多く、女性たちですので、花の植栽は手慣れたもので作業はとてもはかどりました。
自社で施工した公園で、街中メインの場所でしたので どこか嬉しく思いながら作業してきました。
これから国体やラグビーワールドカップなど、釜石にもお客様がいらっしゃる機会が多くなると思います。8月には、よいさもありますので、いろんな人に青葉通り公園を利用してもらえると嬉しいなと思います。
 
 
夏の来客
2016-07-13
先月末と本日の朝、我が社に夏定番のお客が来社されました。遠慮してなのか、勝手口の外で気付かれるのを待っている様子でした。先月末に来社されたお客はハサミを目いっぱい広げてなにかお怒りの様子でして、近寄りがたい雰囲気をかもしだしておりました。本日のお客は気付けといわんばかりに忙しく歩き回っておりました。そう夏のお客とは・・・、クワガタ君です。ミヤマクワガタとコクワガタ、どちらも我が社の女子に引き取られ自宅で大事に飼われております。我が社はクワガタが普通に歩いているくらい自然豊かな場所に建っております。風の音、川のせせらぎ、鳥の鳴き声、カエルの鳴き声、等々とにかく自然豊かであります。窓を開ければ土手からの風が涼しくエアコンかけなくても過ごせます。あらためて感じます、岩手っていいな~、釜石っていいな~。
 
安全表示旗を作りました
2016-06-27
今日、現場からの依頼で久しぶりに、安全表示旗を2種類作成しました。
今回、初のイラスト入りの旗も作成してみました。イラスト入りの看板は見たことありますが、旗はなかなか見たことがなかったので、逆に新鮮で目に止まるんじゃないかと思い作ってみました。
事務方もいろいろと考え、注意喚起旗なので目に止まるような旗じゃないと作った意味がないので、毎回試行錯誤し、会社オリジナルの旗を作成しています。(旗屋さんになれるかな笑)
 
安全表示旗を設置することで注意し、事故やケガなく作業できるよう微力ながら
現場のお役に立てるように頑張っていきます。!(^^)!
 
 
 
 
 
 
 
献血に行ってきました
2016-06-18
献血前のH君
血液の適正検査を受けるH君
献血後のH君
6月15日(水)に弊社社員が献血に行ってきました。行ってきたのは昨年新卒入社したH君、総務のS氏です。H君は2回目らしく学生時代にも1度献血してたそうです。H君まだ20代前半だけど華奢な感じなので、『お前血抜かれて大丈夫か?』と総務のS氏が心配そうに声をかけてましたが『大丈夫です!400ml以上抜かれてもフルマラソン走れます!!』と元気のいい返事が返ってきました。2人献血車の中に入ると、3床の献血用ベッドが先に献血されている方で満床でした。順番が2人に廻りほぼ同時にベッドに横たわりました。が終了はH君の方がかなり早く終了しました。なぜか、S氏の腕が肉厚の為血管がなかなか浮き出てこず針を刺すまで時間がかかってしまったのです(太っちょでごめんね)。でも看護師さんは素敵な笑顔と繊細な指先で血管を定め(笑顔関係ある?)、一発で針刺しを決めてくれたのです(この表現でいい?)。流石です。実はこのS氏過去に注射に関してちょっとした思い出があったそうです。S氏談「中学時代に何かの病気で地元の病院に行った時、看護師(当時は看護婦さん)さん研修の注射訓練台になったのです。医者の先生が顔馴染みで『Sいいよな』とおっしゃり素直に『はい』と返事をしてしまいました。左腕を出し、看護師さんの注射が始まりました。1本目針刺さりました、先生が触診しました、血管外れました。2本目針刺さりました、先生首を傾げました、血管外れました。右腕に変えて3本目、針刺さりました。先生ニヤニヤしながらおっしゃいました、『残念』。血管外れました。看護師さん僕に向かい『ゴメンね』と笑いながら謝りました。4本目、先生が注射しました、・・・ようやく決まりました。ただ、何故か先生の注射が一番痛かったです。終了後会計をしていると先生が僕を呼び止め『今日はありがとな、これ食え』とミルクアイスキャンディー箱入り(箱の口が開いていて、何本か抜けていた)をくれました。僕は素直に『どうも』とお礼を言いました。ただこの時は11月頃だったと思うので何故にこの季節にアイス?とちょっとした疑問が生じましたが、ありがたく頂きました。その後中学、高校と複数回この病院にお世話になり(お前病院かかりすぎじゃね?)、先生と研修生だった看護師さんには大変お世話になりました。看護師さんはすべて一発で注射を決めてくれました(注射を決めるって・・・)。」という思い出があったそうです。そしてH君とS氏無事献血も終了し、貧血も起こさず業務に戻って行きました。2人ともお疲れ様。
2
<<株式会社 青紀土木>> 〒026-0301 岩手県釜石市鵜住居町6-20-1 TEL:0193-55-5551 FAX:0193-55-5552