qrcode.png
http://aoki-doboku.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社 青紀土木
本社:
岩手県釜石市鵜住居町6-20-1
TEL.0193-55-5551
FAX.0193-55-5552

北上営業所:
岩手県北上市村崎野24-20-9
TEL.0197-62-4127
FAX.0197-62-4127
----------------------------------
・土木業
・とび、土木工事業
・石工事業
・舗装工事業
・しゅんせつ工事業
・水道施設工事業
・鉄道施設工事
・各種民間工事
岩手県知事許可(特-25)第7189号
---------------------------------

394645
 
 

青紀土木からのお知らせ

青紀土木からのお知らせ
 
雑誌『週刊東洋経済』に被災地の建設業として釜石市が取り上げられています。
2011-11-30
東洋経済新報社発刊 週刊東洋経済誌上46Pに、もうひとつの復興リアル 『地元建設会社に恩恵薄くすれ違う「まちづくり」』 被災地釜石市の中小建設会社の苦悩と題して3ページ取り上げられています。
地元建設業の実情に興味がある方は是非一読して頂きたいと思います。






 
平成23年度JR東日本盛岡支社設備部安全講演会に参加しました。
2011-11-15
平成23年度 JR東日本盛岡支社主催 安全講演会に弊社社長が発表者として参加しました。

建設トップランナーフォーラムにて発表の為、東京へ出向く当日に、偶然、村上設備部長様が22年度無事故無災害の表彰に弊社へお越し頂いた事が縁で発表者に選ばれました。

弊社は被災流出したレールの撤去作業を行いました、線路が流出する様子のビデオ、各線路の被害状況、レール撤去作業の流れや留意点などを新たに加えて発表させて頂きました。

300名超の方々に私達が被災し、がれきやさまざまな困難と闘った様子を聞いて頂きました。

発表日11月10日は翌日で震災から8ヵ月を迎えようとする日でした。
内陸の方々が多く会場にいらっしゃいましたが線路の点検や設備修繕で沿岸に出向く事も多く予想されると思います。(特にこれから山田線他復旧工事も始まるのでしょう)
今回、私達が1000年に1度という災害に遭ったように今後は簡単に『想定外』などと云う言葉で片付けぬよう、かけがえのない命の為に、各社で各クループで各自で何かが起こる事を想定し考えられる対応を話し合うキッカケになれば幸いです。

弊社以外にも2例、設備部のコミュニケーションの向上の取組、事故を起こし会社存亡の危機から社員一丸となって安全性の向上に取組という貴重な講演を聞く事が出来ました。

JR東日本盛岡支社様の発注者として感謝の気持ちをどのように伝えてコミュニケーション向上により事故の芽を摘むのか?の想いは安全パトロール他、作業終了時に『ただ美味しい感謝飴を渡してくれたのではないのですよ』と弊社社員にしっかり伝えます。

貴重な発表の場を頂き村上設備部長様始め、打合せ、調整連絡をして頂いた久米川様そして企画課の皆様ありがとうございました。

今日も安全第一で作業に取り組みます。







 
『震災記録』を更新しました。
2011-10-15
コンテンツメニューに『震災記録』を作成しました。

http://aoki-doboku.com/publics/index/60


当社の震災以降の活動を徐々に更新していきます。




 
東日本旅客鉄道株式会社北上保線技術センター様より表彰されました。
2011-08-10
7月26日、東日本大震災による流出レールの切断・撤去他作業を劣悪な環境の下、地域住民への配慮を行い無事に作業を終えたと北上保線技術センター遠藤圭司所長様より感謝状を頂きました。

私達は普段、保線技術センターではなく土木技術センターの作業に従事していましたが、JR東日本様やパートナー会社様が被災した事業所を優先して作業を確保するようにとの事からユニオン建設釜石出張所様を通して初めて保線技術センター様の作業に従事出来ました。

レールの撤去と聞けば単純作業ですが、津波で流出し湾曲したレールを切断する作業は危険を伴い困難でしたが、変更等、迅速に対応して頂き作業を終える事が出来ました。
これから山田線の復旧に向けてお手伝いさせて頂きたいと考えています。
ありがとうございました。




 
東日本旅客鉄道株式会社盛岡支社様より表彰されました。
2011-07-22
平成22年度、弊社は全工事・全作業の施工において無事故で工事管理出来た事に対して表彰されました。
7月14日弊社に盛岡支社から村上設備部長様、宮野企画課副課長様がお忙しい中おいでになり直接手渡して頂きました。
昨年は高速化対策で今までに無く、作業が輻輳しトンネル内、高所作業車にて架線を縫うようにしての作業、緊張の連続でした。
JR担当者様、ユニオン建設担当者様、弊社工事管理者が日々の打合せから一体になって作業をさせて頂いたおかげだと感謝します。
暑い日が続きますがちょっとした気の緩みや些細な事が取り返しのつかない事故に繋がります、場面場面での潜在する危険をあぶり出し無事故の継続を達成しましょう。



 
東日本旅客鉄道株式会社盛岡支社様より個人表彰されました。
2011-07-22
会社表彰に引き続き工事管理者個人表彰されました。
22年度受賞者4名を代表して洞土木次長が金一封を村上設備部長様より授与されました。

高速化対策において導水工修繕を洞土木次長は担当しました。



 
平成23年度建設トップランナーフォーラムに参加しました。
2011-07-18
平成23年度建設トップランナーフォーラム −東日本大震災 現場からの証言−
平成23年7月15日 日本建築学会 建築会館ホールにて弊社社長が岩手県沿岸地域の代弁者(代表)として釜石市の災害復旧の現状と自らが被災した体験を発表させて頂きました。
宮城県、福島県始め各地域がそれぞれ抱える地域的問題、そして地域の建設業者としての踏ん張り、『誇り』を知り勇気と地場の建設業者の責任の重みを感じました。

尚、パネルディスカッションのパネラーには後方支援拠点としての取り組みのあり方として、遠野市の本田敏秋市長も参加されました。

大変貴重で有意義な経験をさせて頂き、建設トップランナー倶楽部、全国青年会議所建設部会の皆様には感謝申し上げます。


 
ユニオン建設株式会社様安全大会において協力会社表彰されました。
2011-07-07
7月1日ホテルメトロポリタン池袋にて平成23年度ユニオン建設株式会社様の安全大会が開催されました。
安全大会の中で年間50000時間以上作業に従事して無災害の協力会社は感謝状を頂きます。

弊社は平成21年度より3期連続で感謝状を頂く事が出来ました。

50000時間以上、作業に従事する機会を与えてくださったユニオン建設株式会社 北上土木出張所の千葉所長様始め各担当者様には大変感謝しております。

そして弊社社員および協力会社の皆様一人一人の安全作業に対する取り組みに対して評価された訳ですから従事してくれた皆さんありがとうございます。

現在も除草始め炎天下の中での大変な作業ですが安全第一でよろしくお願いします。


 
ユニオン建設株式会社様安全大会において協力会社個人表彰されました。
2011-07-07
平成23年度ユニオン建設株式会社様安全大会において協力会社表彰に続いて青木 大輔北上出張所長代理が個人表彰されました。
大輔所長代理は21年度から取り組んだ新幹線高速化工事のトンネル設備補強の為、一関から盛岡までのトンネルを弊社工事管理者の責任者として22年度は各種工事との調整から工程、品質管理まで大いに力を発揮してくれました。

厳しい作業条件と制約された環境の中で持ち前の明るさを持って工期内に無事終える事が出来ました。

大輔所長代理始め作業に従事した管理者、作業員、そしてよりよい施工にする為に現場の声を必死に代弁して下さったユニオン建設北上土木出張所佐々木工事長代理様と皆さんの頑張りを代表して頂いた感謝状だと思います。

弊社では工事管理者個人表彰を初めて頂きました。これからの厳しい暑さに負けず日々安全でより良い品質の成果物を納品出来る様に頑張りましょう。


 
北上市建設業協会のボランティア活動
2011-06-29
6月25日土曜日、唐丹町片岸地区において北上市建設業協会の皆さん40名がボランティア活動に参加されました。

ボランティア活動の方がケガをされる事が多いので大きながれきの撤去が終わり田畑を復活させる為に小さなゴミや瓦等の欠片を参加者が安全に撤去出来る場所をボランティア活動の場にお願いしている為…(女性や高齢の方が多く活動されます)
そんな場所に、まさかの北上市建設業協会の皆さんが登場し小田島秀一会長は『大いに物足りない…(笑)』と仰りながら自らも汗を流し活動ていました。
必要とされる場所に行けるように4班体制で車を編成し本気で力になりたいという気持ちがひしひしと伝わって来ました。
各市町村のボランティア協会同士で活動場所が決められるので市のボランティア協会に『本職(建設業)』が来る場合は作業場所を考えて頂きたいとお願いしようと思います。

7月にも又、活動すると聞き有難い事だと感じました。

県内各地から沿岸へボランティア活動に参加してくれる建設業協会や建設会社が沢山あると聞きます、今回は弊社活動ブロックで北上市建設業協会がボランティア活動していると聞き、お礼を兼ねて挨拶させて頂きました。

皆さんありがとうございます。


<<株式会社 青紀土木>> 〒026-0301 岩手県釜石市鵜住居町6-20-1 TEL:0193-55-5551 FAX:0193-55-5552