qrcode.png
http://aoki-doboku.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社 青紀土木
本社:
岩手県釜石市鵜住居町6-20-1
TEL.0193-55-5551
FAX.0193-55-5552

北上営業所:
岩手県北上市村崎野24-20-9
TEL.0197-62-4127
FAX.0197-62-4127
----------------------------------
・土木業
・とび、土木工事業
・石工事業
・舗装工事業
・しゅんせつ工事業
・水道施設工事業
・鉄道施設工事
・各種民間工事
岩手県知事許可(特-25)第7189号
---------------------------------

394645
 
 

青紀土木からのお知らせ

青紀土木からのお知らせ
 
青葉緑化工業株式会社様より個人表彰を受けました。
2011-06-08
当社、三浦土木部長が青葉緑化工業株式会社様より平成22年度安全社長表彰において個人表彰されました。
個人、団体各1名、1社という狭き門の中で表彰され驚いています。

昨日、大柳社長様、他3名でお忙しい中、釜石まで出向いて頂きました。

大柳社長様は『当たり前の事を当たり前にやって頂きありがとうございます。これからもより一層、安全に作業を管理して頂きたい』と仰いました。

佐藤安全推進部長様から受賞した三浦土木部長に何か一言と言われ『ルールを守って当たり前の事をしてきただけですから何で表彰されるのかな?と思いましたが励みになります、ありがとうございます』と言いました。

思わず笑ってしまいましたが、何かが起こってからでは遅いのです。

私も含めてルールを守る事で仲間を守る事が出来る事を再確認しました。

年度替わりに表彰を受ける事は当社にとって1年の励みになります。

お客様に認めて頂ける事!!でしか会社は存続できないと思っています。

震災以降、沈んでいた気持ちを励ましてくれる素晴らしい薬になりました。

わざわざ出向いて頂いた青葉緑化工業株式会社 大柳社長様始め皆様ありがとうございました。

そして三浦土木部長始め作業員の皆さん、足場が悪い法面での困難な作業だと思いますが今日からまた無事故でお願いします。

全ての現場で安全最優先で…



 
建設業トッフランナーフォーラムについて打合せを行いました。
2011-06-06
6月2日13時、建設トップランナー倶楽部 運営幹事 愛媛県(株)愛亀 西山社長様、宮崎県(株)内山建設 内山社長様、岩手県県土整備建設技術振興課 主任主査 小原様、主査 高瀬様に来社頂き7月15日に開催される、平成23年度建設トップランナーフォーラム『東日本大震災−現場からの証言』についての打合せを行いました。

頂いた発表のお願いから一部抜粋します。
大津波を伴い、広域的に甚大な被害をもたらした東日本大震災が発生し、地元自治体関係者や地域建設業者の多くは自らが被災者でもありながらも人命救助や緊急復旧などの対策に動き出さなければなりませんでした。近代以降の我が国では前例の無い災害に際し、地元自治体や建設業がどういった状況に直面し、問題にどう対処しているのかを、今後の見通しを含め、全国すべての関係者にとって貴重な証言となるよう、当フォーラムを通して伝えられるようにとの思いで開催する所存です。

今も県内沿岸部では瓦礫処理に地元建設業者が懸命に作業に携わっています。

自衛隊、警察、消防、ボランティアばかりがクローズアップされますが、地域の建設業者も災害の最前線でどのような活動をしてきたか、当社社長が沿岸で頑張る皆さんの気持ちや思い、苦労を少しでも伝えられるよに私も資料作成をサポートしなければと思いました。

下リンクが当日の日程です。


 
ユニオン建設株式会社様より感謝状を頂きました。
2011-05-26
5月18日、ユニオン建設株式会社様より一連の東日本大震災の災害復旧工事への協力に対する感謝状を頂きました。今回は被災した当社を激励したいと東京から高野社長様が自ら賞状の贈呈に駆けつけて下さいました。

当社は震災後、新幹線、東北本線、釜石線と1日も早い復旧の為、昼夜作業に携わりました。

いつもですが、その頑張りをしっかり認めて頂けるからこそ、より一層責任を持って安全に日々の業務に携わりたいと思います。
 
トップページの画像変更
2011-05-23
仮事務所移転に伴い、全社員で作業終了後、写真を撮りました。
その写真をトップヘージ画像にしました。

残された皆で『Re Start』・『再出発』・『再挑戦』果たしてどんな言葉が正しいのかは分かりませんが、これから毎年もっと皆が笑顔で写真に映る事が出来る様にしなければと強く感じました、その為には会社を継続、存続させる事、まずは我々がお客様を笑顔にする為の努力をする事、我々の仕事によってお客様に満足して頂く事が絶対条件だと思います。

PS北上営業所の3名も後日追加します。
 
仮事務所に移動しました。
2011-05-12
震災当初、事務所を被災した当社は太平工業株式会社釜石支店様のご厚意で新日本製鉄所構内にある太平工業サブセンター1階の1室をお借りして業務を再開して来ました。

この度、仮事務所を両石町水海地区、山佐運送様敷地内に設営し5月9日からそちらへ移動いたしました。


移転先住所

026-0304 
釜石市 両石町 4-74-17

TEL 0193-21-3050
FAX 0193-21-3051


皆様のお立ち寄りを心からお待ちしています。

今回の震災に際して、当社は太平工業株式会社様のお蔭で震災当初の混乱にも係わらず、早期に集い復旧作業に努める事が出来、社員一同心より感謝申し上げます。

このご恩は、これからの作業により一層、誠心誠意取り組む事でお返ししていきたいと考えております。
 
助っ人登場
2011-05-10
現在、民地の瓦礫撤去作業を行っています。

分別など手が掛るので『今回の震災で被災した方を臨時雇用』する事にしました。

釜石市建設業協会からの指導で一目で誰からもわかる様に濃いオレンジ色のつなぎを着用して頂いています。

今回2人採用いたしました。

当社が瓦礫撤去担当地区で被災した漁師さんで以前もお手伝いして頂いた事がありました。

当然のことながら長年住んでいる自分の地元ですから流されて全然関係ない場所にある我々では誰の家か分からない家もしっかり教えてくれます。

どうやって連絡を取れば良いのか?分からない時連絡手段を教えて頂きます。

私が一番懸念していた取り壊した後に『本当はもっと・・・』と言う声が臨時で採用した方を介して少しでも伝わり減ってくれればと思います。

夢を持って家を建て思い出を重ねてきた方々が今回の津波によって、一瞬で全てを突然奪われてしまいました。

我々は瓦礫撤去と云う役割を果たす事と同時に少しでも貴重品や思い出の品を被災された方の手元に届けたいと思っています。

市役所の担当者や作業する我々に遠慮して心の中に『本当はもっとこうして欲しかった』などと言う気持ちを各家の方々が持ったままにして欲しくないと考えています。

危険を伴う作業ですが、制約の中で最善の方法で作業を進めたいと思っています。

被災された方に仕事の場を提供しようと考えたのですが、逆に助けられてばかりです。

ケガ無く安全第一で作業を進めて行きたいと考えています。

平田地区の皆様よろしくお願いいたします。

 
東日本大震災が発生しました。
2011-04-07
東日本大震災が発生しました。
 
ホームページを開設いたしました。
2011-03-03
ホームページを開設いたしました。
最新情報を発信してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
<<株式会社 青紀土木>> 〒026-0301 岩手県釜石市鵜住居町6-20-1 TEL:0193-55-5551 FAX:0193-55-5552